忍者ブログ

事務連絡からカルトな話題まで満載

昨日、県野球場にて行われた第101回全国高校野球選手権山形大会決勝、山形中央との一戦は
11-7で勝利し、見事3年ぶり6度目の甲子園出場を手にしました。

先制され追いついてもまたリードされまた追いついて、序盤から拮抗したゲーム展開のなか、
5回に相手投手の制球に苦しむ四死球などを足がかりに集中打を浴びせ大量7点を奪い逆転。
そのまま一気に流れを呼び込むと影山ー相川ー池田の継投で山形中央の反撃にも怯まず
堂々とした戦いぶりで見事優勝を果たしてくれました。

8番宝田が3安打3打点と昨年の決勝敗退の悔しさを晴らすかのような活躍も見せ、
下位打線からでもチャンスメイクできる攻撃の多彩さが昨日も随所に見えました。

直近10年でも8度目の対戦となった山形中央も混戦のブロックを勝ち上がってきた底力と
ベンチとスタンドが一体となった迫力ある応援は、何度対戦しても飲み込まれそうな怖さを感じます。
戦う選手達はその雰囲気に支配されることなく自分たちのスタイル、自分たちの野球を貫き、
簡単には崩れない強い精神力も見せてくれました。

大会を通じて初めての失策1を記録するものの、随所にいいプレーが飛び出しホームタッチアウト
で反撃のチャンスを奪うなど、守備力はまさに全国レベルと言っても過言ではないでしょう。
好調な打撃陣も昨日も12安打を放ち、課題だった残塁の多さもその分チャンスメイクできている
と前向きに捉えて一気に勝負どころでたたみ掛ける攻撃力は、近年にはなかった破壊力があります。

山形県代表として敗れ去ったチームの想いも胸に秘め、堂々と自信を持って甲子園でも
暴れまわってほしいと思います。

甲子園では送りバントや送球などの細かなミスが命取りになります。
甲子園までの僅かな時間ですが、更なる頂点を目指すために今以上にプレーの精度を上げるべく
修正と調整に取り組んでもらいたいと思います。

平山主将が「ここからが自分たちのスタート」と言うように、我われOB会も甲子園で
何度も何度も校歌を歌えるように、出来る限りのサポートとバックアップを惜しみません。

大会を通して、たくさんのOBの皆様に球場に足を運んで頂きたくさんのご声援を頂戴しました。
本当に心から厚く御礼申し上げます。
そして次は甲子園のスタンドで皆さんと一緒に応援できることを楽しみにしております。
また甲子園出場に関する寄付金の受付の準備も急ピッチで進めております。
お手元に寄付金ご協力のお願いが届きましたら、是非ともご協力をお願いいたします。

甲子園で会いましょう!!

PR
昨日、県野球場にて行われた選手権山形大会準決勝、山形工との一戦は
13-1(6回コールド)で勝利し2年連続で決勝に駒を進めました。

先発は右腕田中でしたが初回に連打を浴び1点を献上するも、2回にすぐに追いつき、
立ち上がりのイヤな流れをすぐに打撃陣が取り戻し、12安打を浴びせるなど
随所に鶴岡東らしい攻める野球で見事勝利しました。

3試合連続ホームランを放った5番丸山は好調をキープし、2番竹花は5打数3安打5打点
さらに8番宝田が2打数2安打4打点と活躍し、打線のどこからでも得点できる層の厚さを
実証してくれました。

投手陣は田中ー相川ー小林とリレーでつなぎ、打撃好調な山形工打線を被安打3に抑え
反撃の隙を与えませんでした。
ここまで登板機会の少ない投手で繋ぎ、決勝に向けての総力戦に備え大舞台のマウンドを
準決勝で経験させることが出来たことは全員野球で勝利を勝ち取るための大きな収穫と
いえるでしょう。

第1シードで勝って当たり前の重圧のなか、ここまで勝ち上がってきました。
泣いても笑ってもあと一勝。
昨年の雪辱を晴らすべく102人の全ての力を集結し甲子園への切符をつかみ取ってほしいです。

決勝戦は本日12:30~県野球場にて山形中央との一戦です。
鶴岡東と同様に直近10年間で決勝進出最多の6回の山形中央と4度目の決勝対決となります。
接戦のゲーム展開も予想されますが、焦らずにしっかりと気持ちを集中して思いっきり戦って
ほしいと思っています。

都合のつくOBの皆様は是非スタンドに集合してください!!
テレビ中継ではなく球場のスタンドで歓喜の瞬間を一緒に迎えましょう!
後輩たちのこれまでの努力と勝利を信じて応援するだけです。

月山道はなにが起きるか分かりませんので、早めの出発をおすすめします。
応援よろしくお願いいたします。

昨日、県野球場にて行われた選手権山形大会準々決勝、羽黒との一戦は
4-2で勝利し準決勝に駒を進めました。

先発は夏初先発の左腕影山。
グラブを持つ右腕を高く上げるダイナミックなフォームにMAX138kmのストレートと
キレのあるスライダーで要所を抑えながら、ランナーが出ると打たせて取る投球術に切り替え
併殺3で切り抜けるなど、息詰まる投手戦を見事に制しました。
打っても自身公式戦初ホームランで先制点を奪い、6回には5番丸山の2ランホームランで突き放し
苦しいながらもベスト4進出を決めてくれました。

残塁13送りバント失敗が2回と、しっかりと自分たちの攻撃のカタチが作れなかった分、
影山ー池田の投手陣が最後まで逆転を許さなかった気迫ある好投が光った好ゲームでした。

負ければ終わりの最後の大会です。
内容も然ることながら勝ちにこだわって一つひとつ確実に勝ち上がっていくだけです。
打線爆発の試合もあれば、決定打の出ない息詰まる投手戦もあるでしょう。
その全てを吸収しながら一戦必勝で戦うのみです。

昨年の覇者羽黒もエース篠田が投打に活躍し、互角の戦いのナイスゲームだったと思います。
結果的には制球の不安定さ四死球の差が明暗を分けたかもしれません。

次戦の準決勝は23日(火)10:00~県野球場にて山形工業と対戦します。
※天候不順のため試合開始時間や日程が変更になる場合があります。
 山形県高野連ホームページにてご確認ください。

平日の開催ではありますが、都合のつくOBの皆様には是非とも球場に足を運んで頂き、
必死に戦う後輩達に熱きご声援をお願いいたします。




昨日、山形県野球場にて行われた全国高校野球選手権山形大会3回戦、新庄神室産業との一戦は
17-1(5回コールド)で勝利し準々決勝に駒を進めました。

先発は背番号1をつけた丸山でしたが立ち上がりの制球が定まらず甘い球を狙われるなどし、
2回にはワイルドピッチで先制点を献上。
しかし打者一巡した3回から打線が爆発し、終わってみれば初戦の13安打を遥かに上回る
17安打17得点の5回コールドで勝利を収めました。

昨日は6番に入った丸山は4打数4安打4打点しかも場外ホームランを放つなどし、
攻撃面でも好調な打撃陣を4番大井と共に牽引しています。
さらには春季地区大会で2ホーマー、東北大会でも満塁で代打タイムリーを放った藤野が
昨日も見事代打2ランホームランを放ち、代打の切り札としての役割も十分に果たしてくれました。

投手陣も丸山ー田中ー相川とリレーし単発2安打に抑えたうえに、夏のマウンドを経験させたことは
今後の戦いにおいて大きな収穫といえるでしょう。

新庄神室産業の影沢投手はまだ1年生でしたが、打たれても打たれても丁寧にコーナーをつき、
キャッチャーからのサインに一度も首を振ることなく淡々と投げ込む姿には気迫を感じました。

 
次戦の準々決勝は明日20日(土)9:00~県野球場で羽黒と対戦します。
春季地区大会では最終回での逆転で勝利しましたがここ2試合の立ち上がりに不安のある羽黒に対し、
早い回から打撃陣のエンジンがかかるかどうか、明日は先制点がカギとなるかもしれません。

土曜日ということもありたくさんのOBの皆さまから球場に足を運んで頂き、
昨年夏の悔しさを晴らすべく熱きご声援をお願いします。

※天候不順のため試合開始時刻が変更になる場合があります。
 山形県高野連ホームページにてご確認ください。

昨日、鶴岡ドリームスタジアムにて行われた選手権山形大会2回戦、酒田東との対戦は
5-2で勝利し3回戦に駒を進めました。

シード校の初戦の難しさが指摘されるなか、初回から先制点を奪い試合の主導権を握ると
毎回ランナーを出しながら、終始攻撃の手を緩めずに堅実な試合運びを展開し、
見事プレッシャーを跳ね返し初戦を勝利することができました。

13安打13残塁に決定打不足を心配する声もありましたが、2度の満塁のチャンスに
酒田東の好プレーにも阻まれるなどし、常に走者一掃というわけにはいかないのが野球です。
むしろ、1番から5番までで11安打を放つなど甘い球を的確に捉えていた打線は
好調をキープしていると評価すべきでしょう。

先発の池田は実際のスピード表示よりもキレと伸びが東北大会出場時よりあきらかに増し、
最終回でもほぼ初回と変わらぬ球速が示すようにスタミナも十分でした。
4四球は出したものの3度の牽制死を奪い、自らの手でピンチを凌ぐ場面も圧巻でした。

点差以上に内容のある収穫ある試合展開だったと思います。
酒田東も好投手大場を擁し野手も十分に鍛えられていましたし、両チーム失策0という
無失策試合が引き締まった好ゲームの要因でもあったでしょう。

次戦は18日(木)9:00~山形県野球場にて新庄神室産業との対戦です。
ひとつひとつ目の前の試合に集中し一戦必勝で戦うだけです。

昨日はたくさんのOBの皆さまから熱き声援をいただきました。
18日は平日ではありますが、都合のつくOBの皆さまには是非とも球場に足を運んで頂き、
引き続き勝利への後押しをお願いいたします。



<< 前のページ 次のページ >>
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11
プロフィール
HN:
OB会事務局
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
Copyright 鶴岡東高校野球部OB会事務局 by OB会事務局 All Rights Reserved.
Template by テンプレート@忍者ブログ
忍者ブログ [PR]