忍者ブログ

事務連絡からカルトな話題まで満載

昨日、マリカ西館市民ホールにて鶴岡東高校野球創部50周年記念式典および祝賀会が行われました。

齋藤哲学校長はじめ宮崎県からご参列頂いた坂元広光前監督、鶴岡野球連盟勝木正人副会長、
田中英則元監督ご子息の田中賢様、そして佐藤監督、阿部野球部長、小西副部長にもご出席を賜り
ご来賓の皆様と120名のOBの皆様と共に50年の節目を盛大にお祝いすることができましたこと
厚く御礼申し上げます。

節目の年とはいえ120名ものOBが出席するOB会が山形県内に他にあるでしょうか。
一部の世代だけではなく幅広い世代のOBがこうして一同に集い、思い出話しに華を咲かせ
楽しい時間を共有できる雰囲気は、他のOB会ではなかなか見れない光景かもしれません。

会場では一年以上をかけて丁寧に制作された「野球部創部50周年記念誌」も完成披露され、
その中身の濃さと情報の多彩さに、購入された方々がみな驚かれていたのが印象的でした。

遠方にお住まいの方で記念誌をお申込済みの方々は今月下旬までにはお手元に届くように
役員総出で発送作業を行いますので、今しばらくお待ちくださるようお願い申し上げます。

なお、送料につきましては申込書でご案内の通り【着払い】にての発送となりますので
ご了承ください。

総会・記念式典・祝賀会の様子は後日アップいたします。
来年度も盛大にOB会を開催できますよう引き続きOB会活動へのご理解とご協力を
お願い申し上げます。

ありがとうございました!!

PR
昨日、居酒家的場にて12月定例役員会を行い、1月13日開催のOB総会および記念式典の
直前打ち合わせを行いました。

思っていた以上に出席者が少なく、役員が手分けして電話での参加呼びかけを行いました。
まだ、間に合いますので、是非ともご出席のほど宜しくお願いします。

なお、記念誌を申し込まれている方は、会場にてお渡しいたします。

記念誌代金のお振込みがまだの方は、当日会場にてお支払いください。

記念誌を申し込んでいて当日欠席の方は、総会終了後1月中をめどに順次着払いにて発送致します。

記念誌を申し込んでいても代金のお支払いが未納で、当日欠席の方は入金の確認がとれませんと
発送できません。
今年度のOB会費5,000円と記念誌代金5,000円の合計10,000円をOB会口座までお振込ください。
確認がとれ次第、順次着払いにて発送させていただきます。

以上、宜しくお願いいたします。

10月13日(土)に毎年恒例となっている「3年生VSOB交流戦2018」が
秋晴れのなか高坂グラウンドにて開催されました。
大学進学予定の3年生数名が欠席でしたが、楽しくそして白熱した交流戦になりました。

土曜日ということもあって、OBチームの選手集めが心配されましたが、
若手OBを中心に約20名に参加していただき、交流戦を盛り上げて頂きました。

交流戦終了後はすたみな太郎にて「3年生食事会」を開催し、来年以降のOB会活動への協力と
積極的な参加を呼びかけながら、3年生にとっても楽しい時間を過ごすことができたかと思います。

来年度以降も、毎年継続して交流戦を開催できるように、OBの皆様からのご協力を
引き続きよろしくお願いいたします。

準備にあたって頂いた担当幹事の方々、大変お疲れさまでした。

【的場裕典・茂木 塁・斎藤洋介・庄司大貴・三浦憲明・日向佑斗】

毎年恒例となっている3年生vsOBとの交流戦を行います。

開  催  日:平成30年10月14日(日)
試合会場:鶴岡東高坂グラウンド
集合時間:午後1時
試合開始:午後2時プレイボール

冷やかし、差し入れ、大歓迎です!
たくさんのOBの皆さまからの参加をお待ちしております。
参加を希望される方はユニフォーム着用(ベーシャツ可・ジャージ不可)でお願いします。

試合終了後は3年生食事会をすたみな太郎にて開催します。


担当幹事 : 的場裕典・茂木 塁・斎藤洋介・庄司大貴・日向佑斗




昨日、山形県野球場で行われた秋季山形県大会準々決勝、酒田南との一戦は
5-9で敗れ東北大会出場のチャンスを喫しました。

2回に二死ランナー無しから死球を挟んで6安打を浴び5点を奪われ序盤から苦しいゲーム展開。
4回5回で2点づつ奪い1点差まで追い上げるものの終盤の8回に酒田南4番伊藤に一発を浴び
大きく突き放され万事休す。
それでも最終回には意地の1点を奪い返し、最後まで鶴岡東らしい粘りの攻撃を見せてくれました。

序盤に崩れた池田をロングリリーフした丸山も安定感が増し、失策0という守備陣の安定感は
毎年のことではあるけれど本当によく鍛えられていて安心して見ていられます。

課題は攻撃力の底上げと、チャンスでの1本、チャンスでの得点力と明白でしょう。
8回二死3塁の同点のチャンスに追いつけず、逆にその裏に大きく突き放されたように
終盤の1点を奪う決定力がカギになってくるでしょう。
もつれる展開、接戦はむしろ鶴岡東ペースでもあるわけで、その分僅かな隙を突いた走塁や
コンパクトでもしっかりとバットに当てる技術力も高める必要があるでしょう。

センバツの可能性はなくなりましたがまだまだ秋は長いですので、他県の強豪校との
練習試合を積み重ねて、冬期間トレーニングまで多くの課題を見つけて欲しいと思います。

春にひと回りもふた回りも大きく成長した姿に期待します。

平日でしたが、時間を割いて球場に足を運んで応援して頂いたOBの皆さまも含め
たくさんのOBの皆さまからご声援頂き、本当にありがとうございました。



次のページ >>
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
プロフィール
HN:
OB会事務局
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
カレンダー
12 2019/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Copyright 鶴岡東高校野球部OB会事務局 by OB会事務局 All Rights Reserved.
Template by テンプレート@忍者ブログ
忍者ブログ [PR]